イラストレーター、キモトケンジのブログです。仕事の事、趣味の事、日常の事、アスペルガー症候群の事。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個人の思想信条はともかく

純粋な冒険活劇映画をお願いします。宮崎さん。

こんな時代だからこそ。



スポンサーサイト

テーマ : 映像・アニメーション
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : アニメ 映画 冒険活劇

借りぐらしのアリエッティ

録画で観る。

この映画は何を描きたかったのだろう。

アリエッティの成長?

翔の成長?

アリエッティの冒険?

小人と人間の心温まるふれあい?

アリエッティと翔の淡い恋心?

滅び行く小人達の悲哀?

いずれもしっくりこない。
正直、どこもかしこも中途半端でエンドタイトルが出る寸前に
「ちょっと待て」とアリエッティ達の乗ったヤカンのツルを
引っ掴んで引き戻したい気分である。
世界観もキャラクター描写も浅すぎて登場人物達の心理が
まるで伝わってこない。

特に「翔」。
まるで人形のようだ。難しい手術を控えた12歳の少年である。
もう少し心の葛藤があって良いのではないか。すでに人生に
絶望し達観しているという事かもしれないが、翔が人間らしくも
子供らしくもない事によって結果対比としてのアリエッティの
キャラクターまでが輝きを失う事になる。
そもそも翔とアリエッティの関係性はあまりにも希薄だ。
翔が一方的に好意を持っているだけで小人達にとっては
ただ迷惑な存在でしかない。彼の「守りたい」というセリフは
あまりにも唐突だし上から目線でしかない。母を助けるために
手を貸してくれた事に感謝はしても住み慣れた家を出て行かなければ
ならない事に変わりはない。翔の姿を見て取り乱す母にアリエッティは
彼が味方であるとは最後まで言わなかった。
言えるはずがない。
結局どこまで行っても人間と小人達の心はすれ違ったままだ。
だから翔とアリエッティの別れのシーンにも観ていて気持ちが入らない。

ほかの登場人物にしても父はただ寡黙だし母はオロロするばかり。
アリエッティに対して人生を示唆するような事は何ひとつ言わない。
ただそこにいるだけだ。悪く言えば親子ですらないように見える。
スピラーに至っては「必要か?」と思うくらい劇中で浮いた存在だ。

「借り」の設定もなんだか釈然としない。
小人達は人間から一方的に「借り」るだけで「返す」事は
しないからだ。それは「借り」とは言えない。
これではまるで小人達は人間の寄生虫か何かのようである。

原作がどうなのか知らないが例えば人間の持ち物を「借り」て
いるお返しにその家の守り神になるとか、座敷童のように
富み栄えさせるとかいう設定があっても良かったのではないか。
現実にそういう超常的な力がなくとも良い。人間の側がそう
信じている事によって時々家の中のちょっとした物が無くなる事を
小人の仕業として好意的に容認している、と設定するだけでも
作品世界はもっと厚みを増すだろう。

あるいはアリエッティを助けようとして心臓の病で倒れた翔を
小人達だけが知っているような薬草を使うなどして助ける事で
「借り」を返すような演出があっても良かったかもしれない。

そしてここが問題だがこの映画の最大の欠点は「翔」の視点で
始まった物語が「アリエッティ」の視点で終わっている事だ。
これはいただけない。作品として一本筋が通っておらず物語が
途中で分裂している事の証左に他ならない。観客にしてみれば
いきなり知らない場所に放り出されて置き去りにされたも同然である。
カルト映画じゃあるまいしファミリー向けの映画である本作において
作劇の基本中の基本が疎かになっている事は看過出来るものではない。

これは監督の未熟さゆえ?いや脚本にも問題はあるだろうし制作の
段階で誰も指摘しなかったのだとしたらそれも問題だ。
他にも人と小人と物との大きさがちぐはぐだったりその場しのぎの
都合の良い設定が多く全体的な詰めの甘さが目立った。
ジブリの、いや日本のアニメーション映画の先行きに不安を感じさせる
作品だった。

テーマ : 映像・アニメーション
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : イラスト 漫画 アニメ 映画 レトロ 宮崎駿 ジブリ ファンタジー

「スターシップ・トゥルーパーズ」≠「宇宙の戦士」。

「スターシップ・トゥルーパーズ」

スカパーで観る。
公開当時、これがロバート・A・ハインラインの
「宇宙の戦士」
映画化だと気が付かなかった。
原作はずいぶん昔に読んだのでストーリーはよく
覚えてないのだが、映画を観た感想は別の意味で

「宇宙の戦士」ってこんな話だっけ?」である。

何より先ずパワードスーツが出てこない。
私くらいの年齢のちょっとしたSF小説ファンなら
ハインラインの「宇宙の戦士」と聞いて最初に
イメージするのは間違いなくスタジオぬえデザインの
パワードスーツだろう。
作者もこの日本版のデザインを気に入っていたと言う
話を何かで読んだ。「ガンダム」のモビルスーツの
元ネタになっているという話も聞いた事がある。
そのくらいパワードスーツとはこの作品において
魅力的でインパクトを持った存在だったはずなのだが。

内容もSF映画というよりは主人公をはじめとする若者達の
恋愛と成長が物語の主軸になっていてSF要素はむしろ
そのための道具立てでしかない。機動歩兵隊からパワード
スーツという要素を排し現実の海兵隊よろしく肉体と
精神の鍛錬によって人間として強くなっていく様を
描く事に重点が置かれているのが何よりの証左だ。
このため正直前半20分は少々かったるいがここをしっかり
観ておかないと後半物語を見失うかもしれない。
後は延々と血しぶきが上がり引き裂かれた肉体が中を舞う
中盤以降のスプラッター演出の荒らしにに耐えられるなら
まぁそれなりに観れる映画ではある。お金はかかってるから。
それにしても監督のポール・ヴァーホーベンってよっぽど
手とか足とかもいだり吹っ飛ばすのが好きなんだなぁ。
「ロボコップ」でも執拗にやってたし。ちなみに劇中CMの
手法や男女が共同の更衣室やシャワールームを使ってる場面等
他にも「ロボコップ」と共通した演出が観られる。機動歩兵の
戦闘防護服もどことなく「ロボコップ」の警察官のスタイルに
似ているし意図的?とも取れるのだが実際のところは不明。

原作としてロバート・Aハインラインの名前がクレジットされて
いるのはこの作品のみ。

続けてスターシップ・トゥルーパーズ2.3も観たがこっちは
テレビスペシャルかと思うくらいスケールダウンしている。

「スターシップ・トゥルーパーズ2」
1と3にストーリー的なつながりは無く続編と言うよりサイド
ストーリー的な位置づけ。3作中最も低予算らしくほぼ前哨基地の
中だけでストーリーが完結する密室劇。これまた3作中一番
スプラッター要素が強く観ていてうんざりする一編。これじゃ
ハインラインの名前が無いのも当然だ。
よくこれで3作目の製作にこぎ着けられたなと思う。

「スターシップ・トゥルーパーズ3」
1の正当な続編と言ってよい。1作目の主人公が再び登場するが
主役と言う立ち位置からは微妙にずれた存在。ここではじめて
「パワードスーツ」らしき物が登場するが名称は「マローダー」。
原作の「パワードスーツ」は武装強化された宇宙服だが
「マローダー」は操縦を要するほとんどロボットのような存在。
クライマックスを飾る割には低予算のためCGがしょぼ過ぎて
TVゲームかおもちゃの様に見えてしまうのが残念。
名称が変わったのはその仕様のせいかあるいはハインラインを
クレジットからはずしているせいか。
低予算でスケールダウンしているとは言うもののストーリーと
しては一番SF的かもしれない。←褒め言葉ではない。

とりあえず良い機会なので原作読み直してみるかな。


追記

amazonのレビューを見るとこの映画を「アメリカ的な全体主義や
正義感のおしつけ、軍隊主義への痛烈な皮肉や批判を込めた映画」と
とらえている人が多いようだが正直そこまでの作品ではない。
全体的な主張(戦争礼賛、人類こそ正義、義務無くして権利無し)と
皮肉な劇中CMのギャップをもってそう感じるのかもしれないが
劇中CMで描かれているのはむしろステレオタイプな「CM」への反証
でありで反戦メッセージと言うよりは「CM」という広告手段そのものの
パロディだと言った方が正しい。大げさな軍事ニュース、前時代的な
軍隊構造もそうだ。

この映画に皮肉が込められているとしたらそれは上記の要素を巧みに
織り交ぜる事でむしろ「ステレオタイプな反戦映画をちゃかした」点に
あると言えるかもしれない。

単純なアメリカB級娯楽映画としてポップコーンとコーラを手に観る。
それがこの映画の正解である。

「こんな作品がヒットするとは思わなかった」

という監督の言葉がそれを端的に物語っている。

テーマ : 映像・アニメーション
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 映画 小説 SF 空想科学 特撮

Twitter
クライアント様、今後の発注をご検討中のお客様にお願い
自分の精神状態や仕事での失敗を語る事は決して得になる事ではありません。「こんなやつに依頼して大丈夫か」と思われるリスクの方が遥かに高い事も承知しています。  それでも公開しているのは自分の不調を隠して依頼を受ける事で先例のように自らを追い込んで同じ失敗を繰り返す事の無いよう、またやむを得ずお断りしなければならない場合でもせめてアスペルガー症候群と言う極めて解りにくい障害について多少なりともご理解をいただければと言う切なる思いからです。   加えて完全復調を目指して今現在も通院と投薬による治療を続けている事、アスペルガ ー症候群について自らの理解を深め少しでも生活や仕事への支障を減らすべく努力をつづけている事を知って欲しいからでもあります。御理解賜われましたら幸いです。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ユーザータグ

アニメ 漫画 イラスト 冒険活劇 レトロ ジュブナイル 特撮 SF 空想科学 アスペルガー 高機能発達障害 自閉症スペクトラム アクション 映画 400 ファンタジー テレビ バイク 250 整備 エストレヤ ダウンロード アート 時代劇 iPhone 無料 イベント  実用 アップデート 英語 巳年 ペット 戦国 2012 家族  未年 ひつじ 節電 ヒツジ イラストレーター 素材 ネコ 原発 海の日 フリー 年賀状,2015,平成27年 Mac 子供  CS  太陽 金冠日食 通り抜け Siri 地デジ 花見 バルカン メロドラマ 忍者 浪漫 神話 ファンシー 懐かしい コミカル 漫画映画 EN400 Store 音楽 iTunes パズル 2012,平成24年,辰年,龍,竜,タツ,無料,ダウンロード,素 キャラクター フォーク 10% 実写版 ガッチャマン ヒーローショー iOS7 平成26年 2014年 パナソニック 携帯電話 NHK 人形劇 3.11 東日本大震災 福島 午年 年賀状 遠野物語 ハッピーマンデー  写真 クリエイター Hi8 クリエイティブ 石森章太郎 デフォルメ ギャグ サイボーグ 009 009ノ1 ゴーバスターズ 獣電戦隊キョウリュウジャー 沖縄 アメリカ 基地問題 宮崎駿 ハードボイルド ジブリ 小説 パソコン 白熱電球 mini LED 消費税 東京 古事記 小松崎茂 無料年賀状 ヘビ 大晦日 正月 辰年 2013 へび  怪獣 絵本 2013年 平成25年  電子黒板 

Facebook

お知らせ
イラスト担当しています。

バカウケなぞなぞNo.1



CD付 独検2級合格講座
中級ドイツ語へのスキル・アップ



ワールド空手 11月号



ゼロから話せるラオス語 CD付

プロフィール

キモトケンジ

キモトケンジ

イラストレーター
キモトケンジ。
60~70年代の漫画映画や少年
漫画、特撮等がモチーフの
ジュブナイル・イラストレー
ションを主に描いています。
お問い合わせはサイト
「ゼロゼロ大作戦」まで。
08年7月、アスペルガー症候群と診断されました。

オリジナルグッズのご紹介
移転準備中
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。